少し前に長野の庭に雪が降りました。

毎年クリスマス頃にちょっと降るくらいだったので、今年の突然の雪にはびっくり。

恐らく庭の花や木もビックリしていたに違いありません。

ちょっと早すぎるんとちがう・・・?と。

 

テラスからの景色は一面銀世界!

裏庭もかなり積もりました。

薪を取りに行くのも一苦労です。

 

雪は降るともちろん寒いのですが、庭の花にとっては暖かいお布団になってくれます。

長野の庭は、土もカチカチに凍るという厳しい環境なので、今年も堆肥でしっかりマルチング。

馬糞まみれで頑張りました。

そして・・・今年の春からはバラをスタートしたので、その冬支度が想像以上に大変でした。

”植えた初年度のバラは赤ちゃんと一緒なので、しっかり株元はマルチングして冬囲いもしてあげてください!”

・・・ということで、11月中旬には120本のバラに冬囲い。

!!! 

近所の方がみたら・・・ちょっと怖い状況?

(あそこの人、少しヘンだと思っていたけど・・・・実はかなりヘンだったわねえ・・・)

 

でも、このヘンテコリンなカバーのおかげで、バラさんたちも少しは暖かくなったはず。

来春綺麗な花がさきますように・・・というか無事みんな冬を越せますように・・・・!

 

それにしても。バラは奥が深すぎる。というか、初心者の私はやたら色々な本を読みすぎて今年は若干ノイローゼ気味に。

本屋さんで、「バラ・・・」というタイトルが付いている本をあれこれ買ってはフムフム・・・なるほどなるほど。

でも。こうすればよい、あれはだめ・・・と色々な方の色々なバラ育て方をあれこれ読みすぎてしまい・・・

結局最後には何がなんだかわからないくなってしまいました。反省

長野の庭は寒冷地という環境が特殊なこともあり、平地の育て方とはまた全く違うということすら知らずにスタートしたバラ元年。

いきなり120本のバラ 子だくさんになってテンテコマイの一年でした。

(名前も最後の方に植えた子は覚えきれていない・・ごめんね。)

 

来年はもう少しリラックスしてバラのお世話を楽しみたいと思います。

 

ということで。冬の間、庭仕事はちょっぴりお休みです。

が、来春に植えたい宿根草やバラを予約して新しいエリアの庭のデザインをしたり、

ガレージの家具を作ったり・・・冬は冬でインドアを楽しみたいと思います。

早く春にならないかなあ・・・

 

今年一番最後まできれいに咲いていたパットオースチン。

来年も逢いましょうね。